猫背男の競馬マル秘報告

猫背男の役立つ競馬情報ダヨ

G1桜花賞2021分析データ

皆さんおはようございますダヨ。
週末の午前10時と言ったら、猫背男の競馬マル秘報告の時間ダヨ。

牝馬クラシックの1冠目桜花賞ダヨ。
去年はデアリングタクトっていう無敗の三冠馬が出たけど、今年の注目はソダシという白毛馬ダヨ。
珍しい種類の毛色だから、人気も凄いらしいダヨ。


チューリップ賞組と前走好走馬
過去10年の3着以内馬30頭中18頭は、前走がチューリップ賞だった。
該当馬は3着内率も39%と優秀。
チューリップ賞組[5-7-6-28]
チューリップ賞以外組[5-3-4-120]

前走チューリップ賞組以外だった馬のうち、前走4着以下だった馬は桜花賞でも4着以下に敗れている。

1着[3-3-3-37]
2着、3着[2-0-1-34]
4着以下[0-0-0-49]


※前走人気
過去10年の3着以内馬30頭中29頭は、前走の単勝人気が5番人気だった。
一方、6番人気以下だった馬は3着内率1%と苦戦。
5番人気以内[10-10-9-97]
6番人気以下[0-0-1-51]


※キャリアの浅い馬
過去10年の3着以内馬30頭中23頭は、通算出走数が4戦以内だった。
一方、5戦以上だった馬は3着以内率6%と苦戦している。
4戦以内[8-8-7-52]
5戦以上[2-2-3-96]


※戦績の安定感
過去10年の3着以内馬30頭中28頭は、JRAの新馬、重賞レースにおいて2着以下になった経験がない馬だった。
あり[0-1-1-77]
ない[10-9-9-71]

※コース適性
過去10年の3着以内馬30頭中18頭は、阪神、芝1600Mの重賞において3着以内に入った経験がある馬だった。
あり[6-7-5-23]
ない[4-3-5-125]


※馬格
過去7年の優勝馬7頭はいずれも前走の馬体重が464kg以上だった。
また、この7頭は前走の単勝人気が3番人気以内だった。
それと、JRAの新馬、重賞以外のレースにおいて敗れた経験がなかった点も共通している。


データクリア馬はランキングで紹介するダヨ!



鳩胸男のサイン競馬2022重賞実績
[JRA]鳩胸男のサイン重賞予想的中報告2022 – 鳩胸男のサイン競馬


鳩胸男のサイン競馬note入り口
鳩胸男のサイン競馬|note