猫背男の競馬マル秘報告

猫背男の役立つ競馬情報ダヨ

G1スプリンターズS分析データ

皆さんこんばんはダヨ!
土曜日の夜23時といえば、猫背男の競馬マル秘報告の時間ダヨ。
先程突然の雷雨があって明日のレースまでの馬場傾向がどうなるのか、その辺にも注目ダヨ!


※年明け以降の戦績
過去10年の3着以内馬延べ30頭中24頭は同年に4大場(東京、中山、京都、阪神)で行われたオープンクラスのレースにおいて1着となった経験のある馬だった。
一方、この経験がなかった馬は3着以内率5%と苦戦。
年明け以降に4大場で行われたオープンクラスのレースを勝っていない馬は評価を下げた方が良さそうだ。

同年4大場オープンクラスのレースにて1着になった経験の有無
あり[10-8-6-32]
ない[0-2-4-98]


なお、同年4大場オープンクラスのレースにおいて1着経験がなかった馬にもかかわらず3着以内に入った6頭中5頭は通算出走数16戦以内、かつ牝馬だった。
キャリアの浅い牝馬は前出の条件をクリアしていなくても評価を下げる必要なさそう。




牝馬がやや優勢
性別別成績をみると牡馬、せん馬は3着内率が15%。
牝馬は3着内率が26%となっている。
3着以内馬の数に大きな差はないためどちらかといえば牝馬を重視したい。

牡馬[7-5-4-91]
牝馬[3-5-6-39]


なお、牡馬、せん馬で3着内に入った延べ16頭中12頭は同年の重賞において1着となった経験のある馬だった。
一方、経験がなかった牡馬、せん馬は3着内率6%と苦戦中。


※前走好走馬
過去10年の3着以内馬延べ30頭中24頭は前走の着順が1着、もしくは2着以下かつ1着馬とのタイム差は0、3秒以内だった。
一方、前走の着順が2着以下、かつ1着馬とのタイム差は0、4秒差だった馬は3着以内率8%と苦戦。



※前走の4コーナーを2番手以内で通過した馬は不振
過去7年の3着以内馬延べ21頭中19頭は、前走が国内のレース、かつ前走の4コーナー通過順が3番手以下だった。
一方2番手以内だった馬は3着以内率9%と苦戦。
2番手以内[0-1-1-20]
3番手以下[7-6-6-65]


※キャリア
過去5年の3着以内馬延べ15頭中14頭は、通算出走数が26戦以下だった。
27戦以上だった馬は3着以内率3%と苦戦。
26戦以下[5-5-4-39]
27戦以上[0-0-1-26]



※上がり上位馬
過去5年の優勝馬延べ5頭は、いずれも前走の上がり3ハロンタイム順位が3位以内だった。
まずは前走の末脚が際立っていた馬に注目さしたい。
かつ、これまであげたポイントに当てはまる馬に注目したい。