猫背男の競馬マル秘報告

猫背男の役立つ競馬情報ダヨ

G2チューリップ賞2022分析データ

皆さんこんばんはダヨ♪
平日の夜21時といえば、猫背男の競馬マル秘報告の時間ダヨ。

今週行われる3つの重賞も春のG1レースに向けた大事なトライアル、ステップレースダヨ。
見たところ登録馬もそれぞれ粒の揃ったメンバーになってて面白いダヨ。
阪神1600Mの外まわりのコースは直線が長くて上がり勝負で紛れがないっていうのがイメージできますが、この3歳牝馬重賞のチューリップ賞もやはりその傾向が出るレースダヨ。


それではさっそくチューリップ賞のデータ分析をしていくダヨ。



※前走の距離
過去10年の3着内馬30頭中28頭は、前走の距離が1500〜1600Mだった。
前走1500〜1600M[9-9-10-61]
その他[2-0-0-45]



※距離実績と位置どり
過去10年の3着内馬30頭中25頭はJRAの1400〜1800Mのレースにおいて、4コーナーを4番手以下で通過して1着になった馬だった。
経験あり[10-7-8-48]
経験なし[1-2-2-58]



オープンクラス好走馬
過去10年の3着内馬30頭中24頭はJRAのオープンクラス好走レースにおいて4着以内となった経験のある馬だった。
経験あり[9-6-9-35]
経験なし[2-3-1-71]



ちなみにJRAのオープンクラスで4着以内の経験がなかったにもかかわらず3着以内に入った6頭の内4頭は通算出走数が2戦以内だった。
オープンクラス4着以内未経験通算出走数
2戦以内[1-2-1-14]
3戦以上[1-1-0-57]


※キャリア4戦未満
過去7年の3着以内馬21頭は全て通算出走数が4戦以内だった。
4戦以内[8-6-7-50]
5戦以上[0-0-0-23]



※前走上がり3F3位以内
過去7年の3着以内馬21頭中18頭は、前走の上がり3Fのタイムが3位以内だった。
3位以内[6-5-7-35]
4位以下[2-1-0-38]



阪神ジュベナイルフィリーズ

過去10年の前走別成績をみると、前走阪神ジュベナイルフィリーズ5着以内馬の好走が目立つ。
傾向をあげると、阪神ジュベナイルフィリーズ上位組で社台系生産馬、上がり3F3位以内、サンデー系の種牡馬ならかなり激アツと言える。


鳩胸男のサイン競馬2022重賞実績
[JRA]鳩胸男のサイン重賞予想的中報告2022 – 鳩胸男のサイン競馬


鳩胸男のサイン競馬note入り口
鳩胸男のサイン競馬|note






にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村