猫背男の競馬マル秘報告

猫背男の役立つ競馬情報ダヨ

G3中山牝馬ステークス分析データ

皆さんこんばんはダヨ♪
平日の21時といえば、猫背男の競馬マル秘報告の時間ダヨ。

今週2つめの重賞データ分析ダヨ。
中山牝馬ステークスは、中山競馬場ハンデ戦
ただでさえこのタフな中山競馬場の芝1800Mの重賞にさらにハンデがあるとなると、牡馬でさえ難しいのにさらに牝馬限定となるとまじめに予想しても仕方ないレベルですダヨ。


猫背男のこの中山牝馬ステークスのイメージは、軽ハンデの馬が狙いどころ。
前に行く軽ハンデ馬、後ろから来る軽ハンデ馬、極端に違う位置から馬券になるハンデ戦ならではの荒れレースダヨ。

前走が愛称いいのが愛知杯ターコイズS
そしてなんと言っても猫背男もここでいきなり格言を言うならば、『牝馬は前走牡馬と走って好走した馬』に注目ダヨ。


高配当が出るレースだけ、好走する馬の傾向は頭に入れておくダヨ。




※前走からの間隔
過去10年の3着以内馬延べ30頭中28頭は、前走との間隔が中3週〜15週だった。
中2週以内の馬は3着内率4%。
中16週以上の馬は3着内率4%だった。
中2週以内[0-0-1-24]
中3週〜中15週[9-11-8-79]
中16週以上[1-0-0-21]



※前走好走馬
過去10年の3着以内馬延べ30頭中25頭は、前走着順が1着もしくは前走1着馬とのタイム差が0.6秒差以内だった。
一方、前走の着順が2着以下、かつ1着馬とのタイム差が0.7秒以上差だった馬は3着内率8%だった。


ちなみに過去5年の3着以内馬延べ15頭14頭は、前走の着順が1着、もしくは前走の1着馬とのタイム差が0.5秒差以内だった。
一方前走の着順が2着以下、かつ1着馬とのタイム差が0.6秒以上だった馬は、3着内率が3%にとどまっている。



※馬体重と斤量
過去5年の3着以内馬延べ15頭中11頭は前走の馬体重が470キログラム以上だった。
470キロ未満[1-0-3-33]
470キロ以上[4-5-2-28]


なお、前走の馬体重が470キログラム未満だったにもかかわらず3着以内に入った4頭の内3頭は負担重量が52キログラム以下だった。



※中山、京都、阪神のレースで実績ある馬
過去5年の3着以内馬延べ15頭は、いずれも前年以降中山、京都、阪神競馬場で行われた出走頭数が11頭以上のレースにおいて2着以内に入った経験のある馬だった。
該当する馬は3着内率30%。





鳩胸男のサイン競馬2022重賞実績
[JRA]鳩胸男のサイン重賞予想的中報告2022 – 鳩胸男のサイン競馬


鳩胸男のサイン競馬note入り口
鳩胸男のサイン競馬|note


鳩胸男のサイン競馬G3中山牝馬ステークスサイン考察
[JRA]GIII中山牝馬ステークス2022サイン考察※馬名由来&馬好王国ゲスト&タイムフライヤー登録抹消 – 鳩胸男のサイン競馬





にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村



最強競馬ブログランキングへ