猫背男の競馬マル秘報告

猫背男の役立つ競馬情報ダヨ

G1高松宮記念2022分析データ

皆さんこんばんはダヨ♪
土曜日の夜9時といったら、猫背男の競馬マル秘報告の時間ダヨ。

ブログランキングの注目馬紹介(ランキングボタンをポチっと押すと見れるダヨ)では日経賞毎日杯がダブル的中🎯でテンション高いダヨ。

高松宮記念も注目馬一頭紹介するから見ていってくれダヨ!


まずは高松宮記念のポイントは内目枠順の先行馬。
雨になると5番手、6番手でジッとして4角でスッと抜け出し粘りこむイメージの馬。
血統面からは父と母が非サンデー系の馬。
そして牝馬
この辺からデータと照らし合わせてみると、意外と台頭する馬が出てくるダヨ。



※前哨戦勝ち馬
過去10年の前走別成績をみると、前走香港のレースだった馬の3着内率が高い。
前走シルクロードS勝ち馬と阪急杯勝ち馬は成績優秀で、オーシャンS勝ち馬は不振。
シルクロードS[4-2-2-22]
阪急杯[3-3-3-37]
オーシャンS[1-2-4-58]
香港[2-0-1-4]



※4歳から6歳
過去10年の年齢別成績をみていくと、4歳から6歳は3着以内馬の頭数、3着内率ともに拮抗。
7歳以上の3着内馬は一頭のみ。
4歳[3-2-4-30]
5歳[5-2-3-36]
6歳[1-6-3-34]



※先行馬
過去10年の高松宮記念では、4角6番手以内で通過した馬が3着内率27%。
JRAの芝1400M以下のオープンクラスで4角4番手以内で勝利した経験がある馬が好成績だ。
経験あり[9-5-6-65]
経験なし[1-5-4-84]



ミスタープロスペクター種牡馬
血統面であげると、過去5年の3着以内馬延べ15頭中9頭がミスタープロスペクター種牡馬の産駒。
サンデーサイレンス種牡馬の産駒は勝利なし。
ミスプロ系[4-3-2-24]
サンデーサイレンス系[0-2-2-29]



※短距離実績
過去10年の優勝馬10頭のうちセイウンコウセイを除く9頭には前年9月以降に行われた芝1400M以下のG1、G2で3着以内に入った経験があった。




鳩胸男のサイン競馬2022重賞実績
[JRA]鳩胸男のサイン重賞予想的中報告2022 – 鳩胸男のサイン競馬


鳩胸男のサイン競馬note入り口
鳩胸男のサイン競馬|note






にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村



最強競馬ブログランキングへ