猫背男の競馬マル秘報告

猫背男の役立つ競馬情報ダヨ

G2フローラステークス2022分析データ

皆さんこんばんはダヨ♪
平日の夜21時といえば、猫背男の競馬マル秘報告の時間ダヨ!

中山競馬場の開催が終わり、舞台は東京競馬場に移りましたダヨ。
となると、もうすぐそこにダービーがきているという事ダヨ。

今回は3歳牝馬重賞のサンケイスポーツ賞フローラSのデータ分析をしていくダヨ。


やはり東京競馬場開催1週目のレースなので内枠の先行馬が毎回来るイメージダヨ。
そして一方で上がり最速、3F33秒台を出せる馬を探すのも的中の近道かも知れないダヨ。

さらに、重賞になり一気に他頭数の競馬になるので他頭数の経験もポイントになりそうダヨ。


※キャリア2戦以内の馬は不振
過去10年の3着以内馬30頭中28頭は、通算出走回数が3戦以上だった。
一方、2戦以下だった馬は3着以内率5%と苦戦。
2戦以内[1-0-1-38]
3戦以上[9-10-9-107]



※前走のクラスと競馬場
過去10年の出走馬のうち、前走一勝クラス以下だった馬に限定した前走の競馬場別成績をみると京都と阪神だった馬が3着以内率35%と優秀。
京都・阪神[5-2-4-20]
その他[3-3-1-71]



前走がオープンクラスだった馬に限定した前走の開催別の成績をみると東京と中山以外だった馬は全て4着以下に敗れている。
東京・中山[2-5-5-32]
その他[0-0-0-22]



※前走との間隔
過去10年の3着以内馬30頭中28頭は、前走との間隔が中2週〜中9週だった。
中1週[0-0-0-12]
中2〜9週[9-10-9-109]
中10週以上[1-0-1-24]


ちなみに過去3年の3着以内馬9頭中8頭は、前走との間隔が中4週〜9週だった。



※2勝以上馬と重賞5着以内馬
過去5年の3着以内馬15頭中8頭は、一勝クラス以上のレースにおいて1着となった経験がある馬だった。
これに該当する馬は3着内率が33%に達している。
あり[4-2-2-16]
なし[1-3-3-55]



※前走小頭数だった馬
過去7年の優勝馬7頭はいずれも前走の出走頭数が10頭以上だった。
ちなみに9頭以下だった馬は2015年以降[0-1-0-16]となっている。




鳩胸男のサイン競馬2022重賞実績
[JRA]鳩胸男のサイン重賞予想的中報告2022 – 鳩胸男のサイン競馬


鳩胸男のサイン競馬note入り口
鳩胸男のサイン競馬|note






にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村



最強競馬ブログランキングへ