猫背男の競馬マル秘報告

猫背男の役立つ競馬情報ダヨ

G1天皇賞春2022分析データ

皆さんこんばんはダヨ♪
平日の夜21時といえば、猫背男の競馬マル秘報告の時間ダヨ。

今週の注目レースはなんと言っても、G1レースでもある天皇賞春ダヨ。
去年から修繕工事の影響で京都競馬場開催から阪神競馬場の開催となっているため、例年の傾向が分からないレースダヨ。

阪神競馬場芝3200Mのレースデータもほとんどありませんから、ここは経験値から皆さんに天皇賞春を知ってもらうダヨ♪


まずは京都競馬場開催の時と阪神競馬場開催の芝3200Mでは全く別物と考えるべきダヨ。
簡単に説明すると京都競馬場の芝3200Mはぐるっと回って2周目の直線が長いのに対して、阪神競馬場開催の芝3200Mは2周目が内回りになり直線が短くて最後に急坂があるダヨ。
という事は、ゆっくり回って最後にヨーイドンってていう京都に対して、阪神は3角辺りから急にペースが上がりだして忙しくなる中、追走しつつまた最後に待っている急坂に対応しなくてはならないのでタフさとか馬力が求められるダヨ。

去年のディープボンドの走りはもの凄いヒントになると思うから映像を見てほしいダヨ。
手ごたえ悪い中でしたが、なんとか追走して最後なだれ込む感じはこのレースにピッタリの能力ダヨ。
今年も出走してきたら要注意ダヨ。

まとめると阪神競馬場芝3200Mはキレではなく、馬力とタフネスが備わっていてそして3角から4角で5番手以内について行ける馬を探すゲームダヨ。



※前年以降のG1、G2を勝っている馬
過去10年の3着以内馬30頭中23頭は、前年以降の2200〜3200MのG1、G2において1着となった経験がある馬だった。
あり[8-9-6-39]
なし[2-1-4-98]


ちなみに前年以降の2200〜3200MのG1、G2において、1着になった経験がなかった馬のうち、2200〜2500MのJRAのG1において3着以内となった馬は3着内率が3%で、過去7年に限ると3着内率0%だった。


※大敗直後の馬は不振
過去10年の3着以内馬30頭中26頭は、前走4着以内だった。
4着以内[8-8-10-74]
5着以下[2-2-0-63]


※前年の4コーナー通過順
過去6年の3着以内馬18頭中17頭は、前走4角通過順が6番手以内だった。
6番手以内[6-5-6-45]
7番手以下[0-1-0-33]



※近年は19戦以内の馬が好成績
過去5年の3着以内馬15頭中12頭は、キャリア19戦以内だった。
19戦以内[4-3-5-27]
20戦以上[1-2-0-36]


※前走単勝人気
過去5年の3着以内馬15頭中13頭は前走単勝人気が4番人気以内だった。
前走4番人気以内[4-4-5-27]
前走5番人気以下[1-1-0-36]


菊花賞で連対した馬
過去7年の優勝馬延べ7頭はいずれも菊花賞の順位が2着以内だった。





鳩胸男のサイン競馬2022重賞実績
[JRA]鳩胸男のサイン重賞予想的中報告2022 – 鳩胸男のサイン競馬


鳩胸男のサイン競馬note入り口
鳩胸男のサイン競馬|note






にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村



最強競馬ブログランキングへ