猫背男の競馬マル秘報告

猫背男の役立つ競馬情報ダヨ

G2青葉賞2022分析データ

皆さんこんばんはダヨ♪
金曜日の夜22時といえば、猫背男の競馬マル秘報告の時間ダヨ。

今回は日本ダービーへの前哨戦でもある3歳重賞レース青葉賞のデータ分析をしていくダヨ。
本番の日本ダービーと同じく東京競馬場の芝2400Mで行われるから、ぴったりの前哨戦ダヨ。

イメージ的には、ノーザンファーム生産馬をはじめとする社台軍団の遅れてきた期待馬のダービーへの椅子取りゲームで、近年では外人ジョッキーを確保してダービーの切符をきっちり取りに来る辺り人気どころは堅実。
馬場状態で血統傾向もわかりやすいのでデータからの成績傾向はカタめダヨ。


※1番人気
過去10年の青葉賞では1番人気と2番人気が対称的な成績。
1番人気の3着以内率が90%に対し、2番人気はわずか10%にとどまっている。
1番人気[3-3-3-1]
2番人気[0-0-1-9]
3〜5番人気[4-4-3-19]
6番人気以下[3-3-3-107]


※内枠有利
過去10年の青葉賞では外枠の成績がいまいち。
13番より外は優勝馬が出ていない。
1〜6番[5-5-4-46]
7〜12番[5-4-4-47]
13〜18番[0-1-2-43]



※前走2000M以上経験馬
ダービートライアルというレースの質から前走1800M以下の距離に出走していた。
前走2200〜2400M出走馬が好成績。
1800以下[1-1-2-49]
2000M[3-2-0-30]
2200M[3-5-5-32]
2400M[3-2-3-23]



※上がり2位以上
東京競馬場の長い直線において上位に来るには、上がりが速い馬が目安。
前走上がり2位以内[9-5-5-59]
3位以下[1-5-5-77]


※重賞実績
ここ最近の傾向として青葉賞では、1800M以上の重賞で4着以内に入った事のある馬が毎年連対している。





鳩胸男のサイン競馬2022重賞実績
[JRA]鳩胸男のサイン重賞予想的中報告2022 – 鳩胸男のサイン競馬


鳩胸男のサイン競馬note入り口
鳩胸男のサイン競馬|note






にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村



最強競馬ブログランキングへ